イベント・お知らせ

2019-01-26 2018年度第3回関東MR研究会

2018.11.07 カテゴリー:関東MR研究会

MR専門技術者認定試験対策セミナー

 関東支部関東MR研究会では,『磁気共鳴専門技術者』認定試験対策と共にMRIの基礎を再確認することを目的として,セミナーを開催します.
 今年度も,自由参加の会としましたので,事前申し込みは不要です.多くの方の参加をお持ちしております.

テーマ:認定試験問題厳選50問を徹底解説
日時:2019年1月26日(土) 13:30~17:40
会場:水戸済生会総合病院 5F 丹野ホール
   〒311-4198 茨城県水戸市双葉台3-3-10 電話029-255-5151(代表)
定員:制限無し(事前申し込み不要)
参加費:会員 3,000円,非会員 5,000円,学生 1,000円

プログラム:
1. 管理・安全・デバイス・造影剤        土浦協同病院 山本将平
2. 解剖と臨床                   飯山赤十字病院 齋藤孝明
3. 基礎1(アーチファクト・計算問題)      信州大学医学部附属病院 林原勇斗
4. 基礎2(その他)               聖隷佐倉市民病院 多田百未
5. 脂肪抑制・拡散強調画像・特殊撮像        群馬大学医学部附属病院 及川聡子

〜〜〜 リーフレットはこちら 〜〜〜

問合先:公益社団法人 日本放射線技術学会関東支部 関東MR研究会
代表幹事:小林 正人
     E-mail: kanto.mr8ken@gmail.com

関東・東京支部合同研究発表大会2018 事前登録開始のお知らせ

2018.11.01 カテゴリー:研究発表大会

!!事前登録開始!!

 来たる12月15日、16日の2日間、埼玉県さいたま市のソニックシティ にて
「関東・東京支部合同研究発表大会2018」が開催されます。
事前登録が開始されました。皆様のご登録をお待ちしております。

事前登録開始:11月1日〜

〜〜〜 事前登録は終了いたしました 〜〜〜

〜〜〜  大会ホームページはこちら  〜〜〜

関東・東京支部合同研究発表大会2018 事前登録のお知らせ

2018.10.30 カテゴリー:研究発表大会

 来たる12月15日、16日の2日間、埼玉県さいたま市のソニックシティ にて「関東・東京支部合同研究発表大会2018」が開催されます。
これに先立ち、事前登録が開始されますので、皆様のご登録をお願い致します。

事前登録開始:11月1日〜

〜〜〜 事前登録のお知らせはこちら 〜〜〜

〜〜〜  大会ホームページはこちら  〜〜〜

2019-01-12 2018年度 第3回関東Angio研究会(第5回ステップアップセミナー)

2018.10.29 カテゴリー:関東Angio研究会

『頭頚部領域における難解症例のCTMRI所見からIVRまで』

 関東Angio研究会主催「第5回ステップアップセミナー」を,2019年1月12日(土)に開催します.
 ステップアップセミナーは,血管撮影技術のより高度な専門性を学習する場として位置付けています.
 今回のセミナーでは,頭頚部領域疾患の中でも難解と思われる症例を取り上げ,CTやMRIの画像所見からIVRまで,経験豊富な診療放射線技師が解説します.脳血管内治療を実施している施設はもちろんですが,実施していない施設でも日常の検査の中で遭遇する可能性があり,CT・MRI担当の方々にも役立つ内容となっています.
また,特別講演として老年病研究所附属病院脳神経外科の宮本直子先生に,d-AVF(硬膜動静脈瘻)の病態と治療についてお話して頂きます.難解症例における画像診断の知識をより深め,今後の業務に活かしていただければ幸いです.奮ってご参加ください.
 なお,本セミナー参加者には,日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師の認定ポイントが付与されます.

日時:2019年1月12日(土) 13:00~17:00 (12:30 受付開始)
会場:群馬パース大学 4号館 12階 KANBEホール
   〒370-0006 群馬県高崎市問屋町3-3-4
   JR上越線・両毛線「高崎問屋町駅」問屋口から徒歩4分
注意事項:駐車場はございません.公共の交通機関をご利用ください.
募集定員:150名(先着順.定員になり次第,募集を終了します)
参加費:日本放射線技術学会員 2000円,非会員 3000円,学生 無料(テキスト代を含みます)
申込期間:2018年11月20日(火)~12月17日(月)
申込方法:下記申し込みフォームよりお申し込み下さい.

〜〜〜 申し込みは終了いたしました  〜〜〜

〜〜〜  リーフレットはこちら  〜〜〜

プログラム:(予定)
13:00~13:10 開会式
13:10~13:40 脳動静脈奇形(AVM)
13:40~14:10 硬膜動静脈瘻(d-AVF)
14:20~14:50 内頸動脈海綿静脈洞瘻(CCF)
14:50~15:10 脳梗塞の薬物療法
15:10~15:30 脳血管領域での論文紹介
15:40~16:40 特別講演「脳神経領域d-AVFの病態と治療」(仮題)
16:40~16:50 閉会式

問合先:老年病研究所附属病院 画像診断部 高橋康之 e-mail:kanto.angio@gmail.com

共催:群馬パース大学
後援:茨城Angio研究会,茨城カテーテル治療コメディカルフロンティア研究会,
   神奈川アンギオ撮影研究会,神奈川カテ室コメディカル研究会,
   埼玉心血管コメディカル研究会,循環器画像技術研究会,千葉アンギオ技術研究会,
   千葉メディカルスタッフ研究会,栃木県カテーテル室スタッフ研究会 (アイウエオ順)

2018-10-27-28 平成30年度 群馬MRI講習会

2018.09.28 カテゴリー:関連団体からのお知らせ

平成30年度 群馬MRI講習会開催の案内

群馬県立健康科学大学地域連携センター

平素,皆様方にはお世話になっております.群馬県立県民健康科学大学地域連携センターでは,今年度も教育・研修事業として講習会を開催いたします.
 今年度も,MRI研究に必須の「MRIファントム作成法」について,講義・演習を行います.
昨今,文部科学省および厚生労働省の研究倫理ガイドラインより,研究のためのヒトを対象としたボランティア実験の施行が厳しく制限されています.これより,今後ファントムを中心とした研究スタイルが多くなっていくことが予想されます.また,MRIは多くのコントラストを呈する撮像法があることから,ファントムも自作しなければならないことが多いです.ファントム作成のノウハウを,実際に皆さんに作成頂きながら知っていただこうと思います.
是非奮ってご参加ください.                        (文責: 小倉)

1.講習内容
 1. ファントム作成に関する講義
 2. T1T2値ファントムの作成方法
 3. DWIファントムの作成
2.日時      平成30年10月27日(土)12:50~18:00 (1日目)
          平成30年10月28日(日) 9:00~13:00 (2日目)
3.場所      群馬県立県民健康科学大学 MRI 室ならびに講義室
4.受講対象    群馬県内外の診療放射線技師ならびに医療職者
5.募集人員    24名(先着順)
6.講習費用    5000円
7.申込方法    本学ホームページ(http://www.gchs.ac.jp)から専用の申込フォームへアクセスし,必要事項を入力してください.
8.申込期間    平成30年9月25日(火)から10月19日(金)正午
(なお,定員に達し次第,期間内におきましても募集を締め切らさせていただきます.)
9.問合せ     群馬県立県民健康科学大学 学生図書室   (TEL:027-235-1211)

2018-12-01 2018年度 第5回関東RT研究会セミナー

2018.09.27 カテゴリー:関東RT研究会

 関東支部では放射線治療施設における安全確保と治療技術向上,および従事する診療放射線技師のスキルアップを目的として,2018年度第5回関東RT研究会セミナーを開催します.今回は「VMATのコミッショニングとプラン検証」としまして,VMAT臨床開始の準備とプラン検証についての講義と実習を行います.なお,治療機はVersaHD(Elekta),治療計画装置はRaystation(RaySearch),Monaco(Elekta),解析装置はMapcheck2(Sun Nuclear),Delta4(ScandiDos)を使用する予定です.
会員の皆様の多数のご参加をよろしくお願いします.

日時:2018年12月1日(土)9:30~17:00
会場:栃木県立がんセンター
   〒320-0834 栃木県宇都宮市陽南4-9-13
募集人数:15名
     応募多数の場合は関東支部会員を優先します.(先着順ではありません.)
     また募集人員に達した場合,早期に締め切る場合があります.
参加費:会員   7,000円
    非会員 14,000円
申込方法:関東支部ホームページの参加申込フォームよりお申し込みください.
(注)申込後「申込完了」の返信メールが届かない場合は、「お問合せ」フォームよりご連絡ください.
申込期間:2018年11月5日(月)~11月14日(水)
     受講の可否については11月16日(金)頃までにお知らせします.

〜〜〜 申し込みは終了いたしました 〜〜〜

プログラム:
1.VMATの臨床 (講義)
2.VMATのコミッショニング(講義)
3.VMAT開始への準備 (実機)
4.治療計画装置のモデリングの検証(実機)
5.絶対線量測定と線量分布測定(実機)
6.全体討論
※内容は変更が生じる場合があります.

〜〜〜 リーフレットはこちら 〜〜〜

問合先:栃木県立がんセンター 放射線治療品質保証室 伊藤 憲一
    TEL 028-658-5151  E-mail keito@tochigi-cc.jp

2018-11-24-25 2018年度 第4回関東RT研究会セミナー

2018.09.27 カテゴリー:関東RT研究会

 関東支部では放射線治療施設における安全確保と治療技術向上,および従事する診療放射線技師のスキルアップを目的として,2018年度第4回関東RT研究会セミナーを開催します.今回は「電離箱校正法-自分で線量計校正ができるようになろう-」と題し,産業技術総合研究所で行われている電離箱の水吸収線量校正を見学し,相互校正などで自ら電離箱のND,wを求める際に必要な技術を学ぶセミナーを企画しました.また電位計の構造や原理,不確かさの評価についての講義も準備しました.
会員の皆様の多数のご参加をよろしくお願いします.

日時:2018年11月24日(土)12:00~17:00~25日(日)8:30~13:00
会場:国立研究開発法人 産業技術総合研究所 分析計測標準研究部門
   〒305-8560 茨城県つくば市梅園1−1−1 中央2−3
募集人数:若干名(10名程を予定)
     応募多数の場合は関東支部会員を優先します.(先着順ではありません.)
     また募集人員に達した場合,早期に締め切る場合があります.
参加費:会員  17,000円(宿泊費込),  7,000円(参加のみ)
    非会員 24,000円(宿泊費込), 14,000円(参加のみ)
申込方法:以下の申込フォームよりお申し込みください.

〜〜〜  申し込みは終了いたしました  〜〜〜

(注)申込後「申込完了」の返信メールが届かない場合は、「お問合せ」フォームよりご連絡ください.
申込期間:2018年10月15日(月)~10月31日(水)
     受講の可否については11月5日頃までにお知らせします.

プログラム:
1.産総研の校正法
2.電離箱の校正
3.不確かさの評価
4.電位計の構造と動原作理
5.電位計の品質管理
6.水槽の不確かさ
7.60Co校正場、kV(診断領域)場の見学
8.計測標準総合センターの見学
※ 内容は変更が生じる場合があります.
※ 講習会で得られた校正結果に対して、JCSS認定校正証明書は発行できません.

問合先:
茨城県立中央病院 放射線技術科 篠田和哉
0296-77-1121  (内線4500)
kshinoda-tmc@umin.ac.jp

2018-11-18 2018年度第3回CTGUMセミナー

2018.09.27 カテゴリー:CTGUM

2018年度 3回CTGUMセミナー
2018年度 日本救急撮影技師認定機構講習会 合同研究会

 毎年恒例となっています日本救急撮影技師認定機構との合同研究会を今年度も開催します.関東圏での開催も今年度で8回目になり,毎回多くの会員および非会員の方々にご参加いただいています.
 今年度は内容をブラッシュアップし、テーマを「救急CT撮影の基礎と実践 -見落としてはいけないサイン!-」として開催します.基礎から救急CT撮影時の注意点といった実際の臨床にも即した内容となっています.シンポジウムでは,内因性疾患として普段見落としやすい部分にフォーカスを当て救急撮影のPOINTとして部位別に症例の説明,実際の臨床における撮影条件の解説も行います.質疑応答の時間を設けていますので,現場で困ったことや疑問な点について皆さんと共に議論したいと考えています.
 皆さん,この機会を利用してCT撮影のさらなるレベルアップを目指して参加していただきますようよろしくお願いします.

日時:2018年11月18日(日)9:30~16:00
会場:社会医療法人財団 石心会 川崎幸病院
   〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町31番地27
テーマ:「救急CT撮影の基礎と実践 -見落としてはいけないサイン!-」
参加費:日本放射線技術学会員 3,000円
    非会員        5,000円
※当日受付時に徴収します. 
募集人数:80名
申込期間:2018年10月22日(月)~11月12日(月)
申込方法:下記、参加申込フォームよりお申込みください.

〜〜〜  申込は終了いたしました。  〜〜〜

プログラム:
9:00~     受付開始
9:30~ 9:40 開会挨拶
9:40~10:40 基調講演Ⅰ「救急 外傷CT撮影 -見落としてはいけないサイン!!-」
                    りんくう総合医療センター 西池 成章
10:50~11:20 基調講演Ⅱ「外傷初期診療ガイドライン(JATEC)総論」
                    国立病院機構水戸医療センター 田中 善啓
11:20~11:50 基調講演Ⅲ「救急CT撮影時の注意点」
                    国立病院機構東京医療センター 三好 亜紀子
12:00~13:00 昼食
13:00~15:40 シンポジウム 「救急 内因性疾患 -見落としてはいけないサイン!!-」
                    座長 東千葉メディカルセンター 越智 茂博
                       山梨大学医学部附属病院  相川 良人
   1.頭部領域               筑波大学附属病院 宮田 真理子
   2.胸部・呼吸器領域           西狭山病院 小澤 昌則
   3.循環器・大血管領域          八重洲クリニック 吉田 諭史
   4.腹部・骨盤領域            東海大学医学部付属大磯病院 飯塚 芳弘
15:45~    閉会挨拶

問合先:東千葉メディカルセンター 放射線部  越智茂博
    E-mail ochi@tkmedical.jp  TEL 0475-50-1199(内線2101)

2018-09-27 第14回群馬Ai研究会

2018.09.18 カテゴリー:関連団体からのお知らせ

 群馬Ai研究会では下記の日程で研究会を開催致します。
皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2018年9月27日(木) 19:00〜21:00
場所:群馬大学 臨床大学院講堂
参加費:無料

〜〜〜  リーフレットはこちら  〜〜〜

主催:群馬Ai研究会
後援:群馬大学大学院医学系研究科Aiセンター、群馬県警察医会、群馬県診療放射線技師会、日本放射線技術学会関東支部、富士フィルムメディカル(株)、キャノンメディカルシステムズ(株)

2018-11-04 第1回医療放射線リスクコミュニケーションセミナー

2018.09.14 カテゴリー:関東支部事業,関連団体からのお知らせ

教育委員会,放射線防護部会,関東支部

 2017年度まで行っていた10回の放射線防護セミナーでは,放射線防護の基礎知識,リスクコミュニケーションの基礎知識の座学と,患者からの被ばく相談に関してのグループワークを行ないました.放射線防護の基礎知識に関しては,教育委員会主幹のe-learningを作成し公開しています.
放射線防護・管理に関しての知識は,診療放射線技師としての基幹となり重要です.また,患者と対峙する際に求められるコミュニケーションスキルも必要なものです.そこで,放射線防護セミナーを一歩進めた医療放射線リスクコミュニケーションセミナーを開催いたします.多くの皆様のご参加をお待ちしています.

日時:2018年11月4日(日)9:30~16:30(受付 9:00~)
会場:千葉大学医学部附属病院 〒260ー677 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
   http://www.ho.chiba-u.ac.jp/
定員:30名
参加費:会員 6,000円 (放射線防護部会員 4,000円)  非会員 12,000円
申込期間:2018年9月25日(火)~10月22日(月)
申込方法:会員システム『RacNe(ラクネ)』にログインしてお申し込みください.非会員でもご利用いただけます.
はじめに,申込の手順 http://www.jsrt.or.jp/data/seminar-entry/ をご一読ください.
※E-mailアドレスは,必ず連絡可能で添付文書が受取れるアドレスを正確にご登録ください.
※セミナー当日までの連絡は全てメールで行います.
※メールが届かない場合,迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください.
参考テキスト:放射線医療技術学叢書(31)「図解放射線防護ミニマム基礎知識」
       (当日,割引販売あり)

プログラム: 総合司会 磯辺 智範
9:30~ 9:40 開会挨拶                                        放射線防護部会長 塚本 篤子
9:40~10:20 講演①「エビデンスから探る放射線健康リスク」 
                      筑波大学 磯辺 智範
10:20~11:00 講演②「メディカルスタッフの被ばく管理」 
                      NTT東日本関東病院 塚本 篤子
11:10~12:10 講演③「医療被ばくのリスクコミュニケーション」
                      総合病院国保旭中央病院 五十嵐隆元
12:10~13:00 休憩
13:00~14:30 グループワーク①「シミュレーションツールを使用したリスク評価」
                      金沢大学 松原 孝祐
14:40~16:10 グループワーク②「医療被ばく相談」
                      福島県立医科大学 大葉  隆
16:10~16:20 閉会挨拶                                    千葉大学医学部附属病院 加藤 英幸

問合先:筑波大学医学医療系  磯辺 智範
E-mail tiso@md.tsukuba.ac.jp  TEL 029-853-7834
その他:本セミナーは日本救急撮影技師認定機構 認定ポイント対象セミナーです.本セミナーの受講により,2ポイントの認定ポイントが付与されます.また,本セミナーは日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定機構 認定単位対象セミナーです.本セミナーの受講により,3単位が付与されます.

公益社団法人 日本放射線技術学会 関東支部 Japanese Society of Radiological Technology - Kanto

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

公益社団法人 日本放射線技術学会 関東支部

Copyright © Japanese Society of Radiological Technology - Kanto All rights reserved.